• ホーム
  • 女性用バイアグラとして知られるフォルカンにはどんな効き目があるの?

女性用バイアグラとして知られるフォルカンにはどんな効き目があるの?

悩んでいる女性

女性用のバイアグラとしても知られるフォルカンにはカンジダの治療効果があります。フォルカンは先発薬のジフルカンと同様に、フルコナゾールを配合した医薬品となっています。フルコナゾールはカンジダ属の真菌に対し、増殖を抑制する働きを持ちます。増殖を抑制することにより、徐々にカンジダ菌を減らせる仕組みになっています。この治療薬は1日に1回服用するだけで効き目を発揮します。臨床試験において、フルコナゾール150㎎を毎日服用した場合の28日目の治癒率は86%ほどとなっています。期間が長ければ長いほど、効果が表れる可能性は上がっていきます。フォルカンは服用薬なので塗ることの難しいところに出来た炎症にも対応することが出来ます。使用に手間もかからないというメリットもあります。フルコナゾールはカンジダだけでなく、クリプトコッカスにも効果を発揮します。

この医薬品は様々な真菌に効き目を表すので、真菌性の疾患にかかっている方にとって非常にメリットの大きい薬です。カンジダ菌への効果も高く、1か月以上服用すればかなりの割合の方が効果を実感できるようになります。フォルカンによって真菌のエルゴステロールを阻害し、徐々に真菌を死滅させることが可能です。フォルカンは発症した症状によって飲み方が少し変わります。外陰膣カンジダの場合には、150㎎を1回飲む必要があります。それ以外の症状の場合には100㎎錠を1回飲みます。つまり、症状に合った錠剤を選択する必要があるということです。もしも、自分の目的に合わないサイズの錠剤を購入した場合には分割して量を調整します。

フォルカンは様々なサイズでは販売されています。中でも特に多いのが50㎎錠です。50㎎錠であれば100㎎飲む場合でも150㎎飲む場合でも使用しやすいと言えるでしょう。フォルカンの価格は販売しているサイトによって異なります。概ね1錠あたり200円ほどとなっていることが多いです。たくさんの量を一度に注文することにより、1錠あたりの価格を下げられる可能性もあります。その場合は1錠あたり150円ほどまで低くなります。継続的に服用することを前提とした薬なので、あらかじめ多めに買っておくことも有効です。フォルカンはシプラ社が製造販売している治療薬であり、個人輸入通販サイトなどで購入できます。フォルカンは効率的にカンジダの治療を行いたい方にとって非常に役立つ治療薬と言えるでしょう。

関連記事
HIVに感染しても薬を服用すればエイズが発症するのを止められる? 2020年05月17日

エイズはHIVウイルスに感染することによって発症する病です。性行為を通じて感染することでも知られています。このウイルスに感染したからと言ってすぐにエイズの症状が出るわけではありませんが、徐々に病は進行していくので対処をする必要があります。エイズになると免疫がまともに機能しなくなり、細菌やウイルスに次...

カンジダにも効果のあるフォルカンを服用する際に注意すべき副作用は? 2020年04月20日

フォルカンの副作用として多いのがAST値の増加です。これは肝臓によってフォルカンの成分が代謝されることによって起こります。本来の体の調子とは異なる数値を計測する可能性もあるので、検査の際にはフォルカンを飲んでいることを伝えておきましょう。フォルカンを飲むと肝臓に若干の負担がかかります。肝臓が正常な方...

カンジダ治療薬のカーネステンクリームは個人輸入で購入するのがお得? 2020年03月20日

カーネステンクリームをどうやって購入すれば良いのか分からないという方もいるかもしれません。このクリームは様々な国で使用されているクリームですが、国内の薬局やドラッグストアではなかなか売っていないこともあります。病院で診断を受ければ処方してもらえるかもしれませんが、必ずしもカーネステンクリームが選択さ...

安全性は高いの?カーネステンクリームに配合されている主な成分とは 2020年03月18日

カンジダ感染症に有効な治療薬の1つにカーネステンクリームがあります。これは性器をはじめとする皮膚に発生するカンジダの諸症状に使用できるクリームであり、有効成分のクロトリマゾールが配合されています。クロトリマゾールは真菌に対し、殺菌的に作用するのが特徴です。真菌の細胞にはエルゴステロールという物質が存...

大人だけが感染するわけではない!カンジダが子供に感染する経路とは? 2020年03月16日

カンジダ感染症は大人がかかるものとイメージされることが多いですが、実際には子供も感染する可能性があります。直接的な接触はもちろん、下着やタオルに触れることによって感染する恐れがあるので家族内に感染者がいる場合には注意が必要となります。この感染症の原因となる細菌は極端な高温、酸性の環境に弱いという特徴...