• ホーム
  • 大人だけが感染するわけではない!カンジダが子供に感染する経路とは?

大人だけが感染するわけではない!カンジダが子供に感染する経路とは?

病原体

カンジダ感染症は大人がかかるものとイメージされることが多いですが、実際には子供も感染する可能性があります。直接的な接触はもちろん、下着やタオルに触れることによって感染する恐れがあるので家族内に感染者がいる場合には注意が必要となります。

この感染症の原因となる細菌は極端な高温、酸性の環境に弱いという特徴があります。それゆえに熱湯やクエン酸を用いてタオルを洗うことによって、滅菌することは可能です。しかし、一般的な洗濯をしただけのタオルであればカンジダ菌が残っている可能性があります。それが子供についてしまうことにより、感染という状態になります。子供は大人に比べて免疫力や抵抗力が弱いので、細菌の影響が出やすいです。主な症状自体は大人と同じですが、子供はカンジダに感染しないという勘違いをしている方が多いので、他の病と誤解してしまうこともあります。カンジダ症に感染している場合には専用の抗真菌薬を使わなければなりません。感染している可能性がある場合には、検査を受けて必要に応じた治療を受けるようにしましょう。

お風呂はカンジダ感染症蔓延の温床となる恐れがあります。感染症を発症している大人がお風呂に入った後に、子供が入ると感染リスクが極めて高くなります。お風呂の温度では完全にカンジダを殺菌することが出来ません。細菌症に感染している方は最後に入るか、その都度お湯を入れ替えるようにしましょう。お風呂の洗浄が不十分だった場合には、翌日以降にも細菌が残留してしまう可能性があります。それを防ぐために欠かせないのがお風呂場を乾燥させるということです。カンジダ菌は乾燥に弱いので乾燥させることによって、翌日は綺麗な状態でお風呂に入れるようになります。誰も入っていないときにお風呂の窓などはなるべく開けておくことが大切です。

子供が感染した場合、その症状を本人が上手く伝えられないケースもあります。何か様子がおかしいときは病院の検査を受けることが大切です。子供がカンジダにかかる原因の多くは親からの感染なので、まずは親が他の人にうつしてしまわないように注意する必要があります。治療を開始することによってカンジダの感染力を弱めることが出来ます。無自覚のうちに移してしまうことも起こり得るので、親自身が検査を定期的に受けるようにしましょう。子供に感染した時には重い症状が出てしまう可能性があるので、特に速やかに治療のための手を打つことが大切です。

関連記事
HIVに感染しても薬を服用すればエイズが発症するのを止められる? 2020年05月17日

エイズはHIVウイルスに感染することによって発症する病です。性行為を通じて感染することでも知られています。このウイルスに感染したからと言ってすぐにエイズの症状が出るわけではありませんが、徐々に病は進行していくので対処をする必要があります。エイズになると免疫がまともに機能しなくなり、細菌やウイルスに次...

カンジダにも効果のあるフォルカンを服用する際に注意すべき副作用は? 2020年04月20日

フォルカンの副作用として多いのがAST値の増加です。これは肝臓によってフォルカンの成分が代謝されることによって起こります。本来の体の調子とは異なる数値を計測する可能性もあるので、検査の際にはフォルカンを飲んでいることを伝えておきましょう。フォルカンを飲むと肝臓に若干の負担がかかります。肝臓が正常な方...

女性用バイアグラとして知られるフォルカンにはどんな効き目があるの? 2020年03月24日

女性用のバイアグラとしても知られるフォルカンにはカンジダの治療効果があります。フォルカンは先発薬のジフルカンと同様に、フルコナゾールを配合した医薬品となっています。フルコナゾールはカンジダ属の真菌に対し、増殖を抑制する働きを持ちます。増殖を抑制することにより、徐々にカンジダ菌を減らせる仕組みになって...

カンジダ治療薬のカーネステンクリームは個人輸入で購入するのがお得? 2020年03月20日

カーネステンクリームをどうやって購入すれば良いのか分からないという方もいるかもしれません。このクリームは様々な国で使用されているクリームですが、国内の薬局やドラッグストアではなかなか売っていないこともあります。病院で診断を受ければ処方してもらえるかもしれませんが、必ずしもカーネステンクリームが選択さ...

安全性は高いの?カーネステンクリームに配合されている主な成分とは 2020年03月18日

カンジダ感染症に有効な治療薬の1つにカーネステンクリームがあります。これは性器をはじめとする皮膚に発生するカンジダの諸症状に使用できるクリームであり、有効成分のクロトリマゾールが配合されています。クロトリマゾールは真菌に対し、殺菌的に作用するのが特徴です。真菌の細胞にはエルゴステロールという物質が存...