• ホーム
  • カンジダにも効果のあるフォルカンを服用する際に注意すべき副作用は?

カンジダにも効果のあるフォルカンを服用する際に注意すべき副作用は?

フォルカンの副作用として多いのがAST値の増加です。これは肝臓によってフォルカンの成分が代謝されることによって起こります。本来の体の調子とは異なる数値を計測する可能性もあるので、検査の際にはフォルカンを飲んでいることを伝えておきましょう。フォルカンを飲むと肝臓に若干の負担がかかります。肝臓が正常な方であればそれほど問題はありませんが、日ごろから肝臓の調子が悪い方は注意しておくことが重要となります。フォルカン服用中はアルコールの過剰摂取や喫煙について特に気を付ける必要があります。肝臓病にかかっている方の場合には服用が出来ない可能性があるので、医師に相談しておくようにしましょう。服用中に肝臓に異変があった場合にすぐに対応できるように、検査を定期的に受けることも有効となります。

この治療薬の他の副作用としては悪心や食欲不振、下痢などが挙げられます。これらはいずれも消化器系の症状であり、普段の調子にも影響を受けます。消化器系の調子を崩しやすいタイプの方は悪心や下痢が発生することもあります。しかし、消化器系の状態が健康な場合にはほとんど副作用が出ないというケースも多いです。自分の胃や腸の健康状態に不安があるという場合には慎重な服用が望まれると言えるでしょう。フォルカンは他の薬に比べて副作用が決して大きいわけではありません。どんな薬であっても一定の副作用があります。それはフォルカンについても言えるということです。用法や用量を守って服用することにより、副作用が発生する可能性を抑えることが出来ます。フォルカンを使用するとごく稀に発疹が起こることもあります。これは体が変化に対応する上で起こるものであり、基本的にすぐに治まります。皮膚への副作用が治まっていかない時には皮膚科医への相談をすることが大切です。

フォルカンの有効成分は胎児の成長に影響を及ぼすので、妊婦への使用をすることは出来ません。妊娠中にカンジダ感染症が分かった時には軟膏などを使って治療する必要があります。また、有効成分は母乳に移行する可能性があるので、授乳中にも使用できません。腎臓障害や肝障害、心疾患、電解質異常などを患っている方の場合は副作用が大きくなる可能性があります。この治療薬を使用できない可能性もあるので病院で診断を受けてから、使用するかどうかを判断してもらうことが大切です。また、併用禁止薬についても確認しておきましょう。

関連記事
HIVに感染しても薬を服用すればエイズが発症するのを止められる? 2020年05月17日

エイズはHIVウイルスに感染することによって発症する病です。性行為を通じて感染することでも知られています。このウイルスに感染したからと言ってすぐにエイズの症状が出るわけではありませんが、徐々に病は進行していくので対処をする必要があります。エイズになると免疫がまともに機能しなくなり、細菌やウイルスに次...

女性用バイアグラとして知られるフォルカンにはどんな効き目があるの? 2020年03月24日

女性用のバイアグラとしても知られるフォルカンにはカンジダの治療効果があります。フォルカンは先発薬のジフルカンと同様に、フルコナゾールを配合した医薬品となっています。フルコナゾールはカンジダ属の真菌に対し、増殖を抑制する働きを持ちます。増殖を抑制することにより、徐々にカンジダ菌を減らせる仕組みになって...

カンジダ治療薬のカーネステンクリームは個人輸入で購入するのがお得? 2020年03月20日

カーネステンクリームをどうやって購入すれば良いのか分からないという方もいるかもしれません。このクリームは様々な国で使用されているクリームですが、国内の薬局やドラッグストアではなかなか売っていないこともあります。病院で診断を受ければ処方してもらえるかもしれませんが、必ずしもカーネステンクリームが選択さ...

安全性は高いの?カーネステンクリームに配合されている主な成分とは 2020年03月18日

カンジダ感染症に有効な治療薬の1つにカーネステンクリームがあります。これは性器をはじめとする皮膚に発生するカンジダの諸症状に使用できるクリームであり、有効成分のクロトリマゾールが配合されています。クロトリマゾールは真菌に対し、殺菌的に作用するのが特徴です。真菌の細胞にはエルゴステロールという物質が存...

大人だけが感染するわけではない!カンジダが子供に感染する経路とは? 2020年03月16日

カンジダ感染症は大人がかかるものとイメージされることが多いですが、実際には子供も感染する可能性があります。直接的な接触はもちろん、下着やタオルに触れることによって感染する恐れがあるので家族内に感染者がいる場合には注意が必要となります。この感染症の原因となる細菌は極端な高温、酸性の環境に弱いという特徴...